ハイプナイトを飲んで熟睡している女性

睡眠薬の種類

睡眠薬にもいろいろある

寝つきが悪い、寝ていても夜中に目が覚めてしまうことがある、起きるはずの時間よりかなり早く目覚めて以降目が冴える、結構な時間眠れたのに睡眠が浅くて寝た気がしない、などの症状があれば、不眠症が発症しているといえます。

不眠症が長く続いてしまうと、日中の集中力の欠損や疲れの蓄積、そして体調不良を起こしてしまいます。

そうなってしまう前に、生活習慣の改善をしようにも簡単にはいきません。そんな時に睡眠薬などのサポートを借りる必要があるのです。睡眠薬といっても、種類はいろいろあります。

ここでは代表的な睡眠薬、アモバンジェネリック・ソナタジェネリック・ハイプナイトを紹介していきます。

【アモバンジェネリック】

病院で不眠症の人に処方する初めての睡眠薬が、この薬です。超短時間作用型で、持続時間が短いために比較的副作用も軽く済みます。

大きな仕事の前日で緊張している時や悩みなどのストレスから一時的な不眠・寝付きが悪い時の利用がおすすめの睡眠薬です。

【ハイプナイト】

病院処方の睡眠薬として広く利用されているアモバンの有効成分を改良して、作られた成分エスゾピクロンが有効成分となっている睡眠薬です。

短時間作用型に分類されていてアモバンよりも作用持続時間が延びているので、より自然な睡眠に入ることができます。さらに、睡眠薬に特有とされる服用時の苦さを抑えることに成功した、人気の睡眠薬なのです。

【ソナタジェネリック】

医療用の睡眠導入剤として使用されている、ソナタのジェネリック医薬品です。このことから、安全性と高い効果が期待できることが分かります。

また、睡眠作用に加えて鎮静作用もあるので、緊張や不安・興奮状態の気持ちを和らげる働きもあります。

そのため抗不安剤としても利用されています。超短時間作用型に分類される睡眠導入剤で、薬の成分が体内に残らないことから、朝もスッキリ目覚めることが出来ます。

これらの特徴を知った上で、自分自身の症状にあった睡眠薬を選びましょう。